イライラするリコーダー

小学生は三年生でリコーダーを習う。私もそうだったが、小学生は家で特に練習という訳でもなく、何となくリコーダーを吹く。

何となくのリコーダーというのは何であんなにイライラさせるのか。
ぴ、ぽ、ぴ、ぺー。とか、ふ、ひー。

とか曲にもならないようなのを延々と吹いている。もしかしたら曲なのかも知れないが。

ある程度曲になっていても、「何故か最後の音が必ず違う」とか「あっているような気もするが、妙にマイナー調になっている」だとか「自信がなくて何だか音がひょれひょれしている」とか気分よく聞けた試しがない。
そして毎回の様に「お母さん、これ合ってる?」と聞いてくる。結局一度吹いて見せるが、その場限り納得して書き留めもしないので、毎回同じループとなる。

栗コーダーカルテッドの様であれば気分よく聞けるが、全国の小学三、四年生の母親たちは皆リコーダーに何となくイライラしていると思う。